1. トップ
  2. おすすめ商品
  3. アーカイブ: 2018年5月

RECOMMENDおすすめ商品/文苑堂書店

店舗

カテゴリー

月別アーカイブ


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/bunendo/www/_wp/wp-content/themes/nwthemes_1802/src_recommend.php on line 158

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/bunendo/www/_wp/wp-content/themes/nwthemes_1802/src_recommend.php on line 164

ベストセレクション【乃南アサさん特集】

   

  
ベストセレクション
【乃南アサさん特集】
 

平成8年に『凍える牙』で直木賞を受賞。
巧みな人物造形、心理描写が面白い作品がたくさんあり、
ドラマ化された作品も多数あります。

 

 


 


 
 

『それは秘密の』
 

美容に狂う前妻と彼女を奪っていった男、
なぜ二人は俺に会いに来るのか?
なぜこんなに友人の母親が気になるのか?
隣室で虚ろで奇妙な音を出し続けるのは何者か?
どうしてあんなに不出来な部下に惹かれるのか?
なぜ暗闇で出会って顔も見えない彼女がこんなにも愛おしいのか?
なぜ、なぜ・・・。
愛とも恋とも言えない、不思議な感情。
心理描写の洗練を極めた珠玉の短編九編を収録。
 
新潮文庫 594円(税込)


 
『凍える牙』
 
深夜のファミリーレストランで突如、男の身体が炎上した!
遺体には獣の咬傷が残されており、
警視庁機動捜査隊の音道貴子は相棒の中年デカ・滝沢と捜査にあたる。
やがて、同じ獣による咬殺事件が続発。
この異常な事件を引き起こしている怨念は何なのか?
野獣との対決の時が次第に近づいていた。
女性刑事の孤独な闘いが読者の圧倒的共感を集めた
直木賞受賞の超ベストセラー。
 
新潮社 810円(税込)
 


 
『鎖 上巻』
 

東京都下、武蔵村山市で占い師夫婦と信者が惨殺された。
音道貴子は警視庁の星野とコンビを組み、捜査にあたる。
ところが、この星野はエリート意識の強い

鼻持ちならぬ刑事で、貴子と常に衝突。
とうとう二人は別々で捜査する険悪な事態に。
占い師には架空名義で多額の預金をしていた疑いが浮上、
貴子は銀行関係者を調べ始める。
が、ある退職者の家で意識を失い、何者かに連れ去られる―。
 
新潮社 724円(税込)
 


 
『しゃぼん玉』

 
女性や老人だけを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返し、
自暴自棄な逃避行を続けていた伊豆見翔人は、
宮崎県の山深い村で老婆と出会った。
 
卑劣な狂犬、翔人の自堕落で猛り狂った心を
村人たちは優しく包み込むのだが…。
涙なくしては読めない心理サスペンス感動の傑作。
 
新潮社 562円(税込)
 


 
『いつか陽のあたる場所で』
 
小森谷芭子29歳、江口綾香41歳。
二人にはそれぞれ暗い過去があった。
絶対に人に知られてはならない過去。
二人は下町の谷中で新しい人生を歩み始めた。
 
息詰まる緊張の日々の中、仕事を覚え、人情に触れ、
少しずつ喜びや笑いが出はじめた頃。
綾香が魚屋さんに恋してしまった!
心理描写・人物造形の達人が女の友情に練り込んだ
大注目の新シリーズ。
ずっこけ新米巡査のアイツも登場。
 
新潮社 637円(税込)
 


 
『ずずの爪あと』
 
一つになれない家族を猫だけが見つめ続けた「すずの爪あと」。
不倫に倦んで故郷に帰った女が癒しを求めたのは「秋旱」。
幼時の事故で嗅覚を失った男が、ある女と出会って「向日葵」。
かつての恋人に書き続けたメールの思わぬ行方「Eメール」。
すれ違い、交錯する男女や家族の想いを、
美しい風物とともに丁寧に描きだした11篇。
 
新潮社 767円(税込)
 


 
『涙 下巻』
 
川崎、熱海、焼津、田川…
わずかな手がかりをもとに、萄子は必死に婚約者の跡を追った。
やがて捜査から、ある男が重要人物として浮上するが、
勝が逃亡する理由は不明のまま。
勝への思いが消え入りそうな萄子だったが、
当時米領の沖縄・宮古島に彼がいる可能性を大阪で知る。
島でわかった慟哭な真実とは?
’60年代の出来事・風俗をちりばめ、
男女の一途な愛を描いた傑作ミステリー。
 
新潮社 767円(税込)