RECOMMENDおすすめ商品/文苑堂書店

店舗

カテゴリー

月別アーカイブ


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/bunendo/www/_wp/wp-content/themes/nwthemes_1802/src_recommend.php on line 158

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/bunendo/www/_wp/wp-content/themes/nwthemes_1802/src_recommend.php on line 164

ベストセレクション【森下典子さん特集】


ベストセレクション
【森下典子さん特集】

 
 
樹木希林さん・黒木華・多部未華子さんが主演の映画
「日日是好日」の原作者 森下典子さんの作品をご紹介します。
 
 

 

 

 
 

日日是好日 
「お茶」が教えてくれた15のしあわせ
お茶を習い始めて二十五年。
就職につまずき、いつも不安で自分の居場所を探し続けた日々。
失恋、父の死という悲しみのなかで、
気がつけば、そばに「お茶」があった。
  
がんじがらめの決まりごとの向こうに、
やがて見えてきた自由。
「ここにいるだけでよい」という心の安息。
雨が匂う、雨の一粒一粒が聴こえる…
 
季節を五感で味わう歓びとともに、
「いま、生きている!」
その感動を鮮やかに綴る。
 
新潮社 594円
 


こいしいたべもの
母手作りの、バターがとろける甘いホットケーキ。
父が大好きだった、少し焦げ目がついたビーフン。
 
遅い青春時代に食べた、夜明けのぺヤング…。
味の記憶をたどると、眠っていた思い出の扉が開き、
胸いっぱいになった事はありませんか?
 
優しい視点でユーモアたっぷり、
胸にホロリとくる22品の美味しいカラーイラストエッセイ。
 
文藝春秋 756円
 


いとしいたべもの
できたてオムライスにケチャップをかける鮮やかな一瞬、
あつあつの鯛焼きの香ばしい香り…一口食べた瞬間、
心の片隅に眠っていた懐かしい思い出が甦る―
だれもが覚えのある体験を、
ユーモアに満ちた視点と、心あたたまる絵でお届けする
23品のおいしいエッセイ集。
 
文藝春秋 778円
 


猫といっしょにいるだけで
五十代、独身、母と二人暮らし。
仕事のスランプで切羽詰まる日々だった。
訪れた神社で「しあわせをください」とつぶやいた翌日、
庭の白木蓮の切り株に、彼らは舞い降りた。
 
「猫は嫌いだし、生き物は飼わない」と決めていたが、
愛護協会や保健所も頼れない…。
 
やがて始まるにぎやかで、穏やかな日常。
笑って泣ける猫日和!
 
新潮社 637円

 
 


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/bunendo/www/_wp/wp-content/themes/nwthemes_1802/src_recommend.php on line 158

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/bunendo/www/_wp/wp-content/themes/nwthemes_1802/src_recommend.php on line 164

ベストセレクション【村山 早紀さん特集】


 
ベストセレクション

【村山 早紀さん特集】

 
「百科の魔法」が2018年の本屋大賞候補に
ノミネートされた村山早紀さんの作品を紹介。
優しく胸が温かくなるようなストーリーが持ち味です。
 

 

 


『桜風堂ものがたり』
万引き事件がきっかけで、
長年勤めた書店を辞めることになった青年。
しかしある町で訪れた書店で、
彼に思いがけない出会いが…。
田舎町の書店の心温まる奇跡。
 
PHP研究所 1,728円


 
『コンビニたそがれ堂』
駅前商店街のはずれに、
夕暮れになるとあらわれる
不思議なコンビニ『たそがれ堂』。
大事な探しものがある人は、
必ずここで見つけられるという。
  
戸惑いや痛みを受け止める、
温かな5つの物語。
 
ポプラ社 1,296円
 


 
『その本の物語 上』
病院のベッドで眠り続ける沙綾のために
朗読を続ける南波。
それは2人が子どもの頃に好きだった魔女の子ルルーのお話だった。
  
今を生きる10代の女の子と、
本の中の冒険が響き合う、
遥かなる魂の物語。
上下巻あります。
 
ポプラ社 1,404円
 


 
『ルリユール』
風早の街でひと夏を過ごすことになった中学生の瑠璃は、
クラウディアという不思議な女性と出会う。
彼女は本の修復や造本をするルリユール職人。
どんなに傷んだ本でも元通りにできるという。
  
その手伝いをするうちに、
瑠璃のなかに秘められていた悲しみも修復されていく。
本を愛するひとたちの美しく不思議な物語。
  
ポプラ社 734円
 


 
『花咲家の人々』
風早の街で戦前から続く老舗の花屋「千草苑」。
経営者一族の花咲家は、先祖代々植物と会話ができる
魔法のような力を持っている。
 
併設されたカフェで働く美人の長姉、茉莉亜。
能力の存在は認めるも現実主義な次姉、りら子。
魔法は使えないけれども読書好きで夢見がちな末弟、桂。
三人はそれぞれに悩みつつも
周囲の優しさに包まれ成長していく。
 
徳間書店 679円


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/bunendo/www/_wp/wp-content/themes/nwthemes_1802/src_recommend.php on line 158

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/bunendo/www/_wp/wp-content/themes/nwthemes_1802/src_recommend.php on line 164

ベストセレクション【島本 理生さん特集】


ベストセレクション
【島本 理生さん特集】
  

「ファーストラブ」は今年の159回 直木賞を受賞。
大人の恋愛で注目を浴びている島本理生さん。
昨年はナラタージュの映画化で話題になりましたが
今回はデビュー作から最近の話題作まで紹介します。
 
 

 

 

 

ファーストラヴ
 
夏の日の夕方、多摩川沿いを
血まみれで歩いていた女子大生・聖山環菜が逮捕された。
 
彼女は父親の勤務先である美術学校に立ち寄り、
あらかじめ購入していた包丁で父親を刺した。
環菜は就職活動の最中で、
その面接の帰りに凶行に及んだのだった。
 
環菜の美貌も相まって、
この事件はマスコミに大きく取り上げられた。
なぜ彼女は父親を殺さなければならなかったのか?
 
文藝春秋 1,728円(税込)
 


 
夏の裁断
 
小説家の千紘は、編集者の柴田に翻弄され苦しんだ末、
ある日、パーティー会場で
彼の手にフォークを突き立てる。
 
休養のため、祖父に残した鎌倉の古民家で、
蔵書を裁断し「自炊」をする。
四季それぞれに現れる男たちとの交流を通し、
抱えた苦悩から解放され、
変化していく女性を描く。
 
文芸春秋 734円
 


 
Red
 
夫の両親と同居する塔子は、
可愛い娘がいて姑とも仲がよく、
恵まれた環境にいるはずだった。
だが、かつての恋人との偶然の再会が塔子を目覚めさせる。

  
胸を突くような彼の問いに、
仕舞い込んでいた不満や疑問がひとつ、
またひとつと姿を現し、
快楽の世界へも引き寄せられていく。
 
中央公論新社 842円
 


 
リトル・バイ・リトル
 
ふみは高校を卒業してから、アルバイトをして過ごす日々。
家族は、ふみ、母、小学校2年生の異父妹の女3人。
 
静かで平穏で、一見何の変哲もない生活だが、
そこに時折暗い影を落とすのは、
家族の複雑な過去だった。
習字の先生の柳さん、
母に紹介されたボーイフレンドの周、
2番目の父―。
 
「家族」を軸にした人々とのふれあいのなかで
ふみは少しづつ、光の射す外の世界へと踏み出してゆく。
 
KADOKAWA 562円
 


 
シルエット
 
何カ月も何カ月も雨が降り続き、
もしかしたらこのまま雨の中に閉じ込められるかもしれない。
そう予感するような季節の中にいた―。
  

女性の体に嫌悪感を覚える元恋人の冠くん。
冠くんと別れた後、半ばやけで付き合った遊び人の藤野。
今の恋人、大学生のせっちゃん…

人を求めることのよろこびと苦しさを
女子高生の内面から鮮やかに描く。
17歳の時のデビュー作。

KADOKAWA 562円


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/bunendo/www/_wp/wp-content/themes/nwthemes_1802/src_recommend.php on line 158

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/bunendo/www/_wp/wp-content/themes/nwthemes_1802/src_recommend.php on line 164

ベストセレクション【辻村 深月さん特集】

 
ベストセレクション
【辻村 深月さん特集】

 
4月に発表になった本屋大賞。
今年は辻村深月さんが受賞されました。
「かがみの孤城」はもう読まれましたか?
今回はその他の作品をご紹介します。

 

 


 


 
家族シアター

息子が小学六年の一年間「親父会」なる
父親だけの集まりに参加することになった私。
「夢は学校の先生」という息子が憧れる熱血漢の担任教師は
積極的に行事を企画、親子共々忘れられない一年となる。
 

しかしその八年後、
担任のある秘密が明かされる(「タイムカプセルの八年」)。
家族を描く心温まる全7編。
 

講談社 778円(税込)
 


 
青空と逃げる

深夜の交通事故から幕を開けた、家族の危機。
押し寄せる悪意と興味本位の追及に日常を奪われた母と息子は、
東京から逃げることを決めた。
  

疑心、恐怖、そして怒り。
壊れてしまった家族が、辿り着く場所は―。
母の覚悟と、息子の決意。
辻村深月が贈る、一家の再生物語。
   

中央公論新社 1,728円


凍りのくじら

藤子・F・不二雄を「先生」と呼び、
その作品を愛する父が失踪して5年。
高校生の理帆子は、夏の図書館で
「写真を撮らせてほしい」と言う一人の青年に出会う。
  

戸惑いつつも、他とは違う内面を見せていく理帆子。
そして同じ頃に始まった不思議な警告。
皆が愛する素敵な“道具”が私たちを照らすとき。
 

講談社 864円
 


  
ツナグ

一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれるという「使者」。
 
突然死したアイドルが心の支えだったOL、
年老いた母に癌告知出来なかった頑固な息子、
親友に抱いた嫉妬心に苛まれる女子高生、
失踪した婚約者を待ち続ける会社員…
 
ツナグの仲介のもと再会した生者と死者。
それぞれの想いをかかえた一夜の邂迨は、
何をもたらすのだろうか。
心の隅々に染み入る感動の連作長編小説。
 

新潮社 724円
  


   
ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。


地元を飛び出した娘と、残った娘。
幼馴染みの二人の人生はもう交わることなどないと思っていた。
あの事件が起こるまでは。
   
チエミが母親を殺し、失踪してから半年。
みずほの脳裏に浮かんだのは
チエミと交わした幼い約束。
 
彼女が逃げ続ける理由が明らかになるとき、
全ての娘は救われる。

講談社 802円
  


光待つ場所へ

大学二年の春。
清水あやめには自信があった。
世界を見るには感性という武器がいる。
自分にはそれぞれある。
最初の課題で描いた燃えるような桜並木も
自分以上に表現できる学生はいないと思っていた。
彼の作品を見るまでは(「しあわせのこみち」)。
   

文庫書下ろし一編を含む
扉の開く瞬間を描いた、五編の短編集。
   

講談社 756円

   


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/bunendo/www/_wp/wp-content/themes/nwthemes_1802/src_recommend.php on line 158

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/bunendo/www/_wp/wp-content/themes/nwthemes_1802/src_recommend.php on line 164

ベストセレクション【東野圭吾さん特集】

 
ベストセレクション
【東野圭吾さん特集】
 

ラプラスの魔女の映画が大ヒット!
の東野圭吾さん特集!
まだまだ読みたい作品がいっぱいあるのでご紹介します。





 
 

ラプラスの魔女

ある地方の温泉地で硫化水素中毒による死亡事故が発生した。
地球科学の研究者・青江が警察の依頼で
事故現場に赴くと若い女の姿があった。
 

彼女はひとりの青年の行方を追っているようだった。
2ヶ月後、遠く離れた別の温泉地でも同じような中毒事故が起こる。
 

KADOKAWA 821円(税込)
 


 
魔力の胎動

自然現象を見事に言い当てる、
彼女の不思議な“力”はいったい何なのか。
彼女によって、悩める人たちが救われていく…。
 

東野圭吾が価値観を覆した衝撃のミステリー
『ラプラスの魔女』の前日譚。
 

KADOKAWA 1620円(税込)
 


 
ナミヤ雑貨店の奇蹟

悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。
そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨屋さんだった。
廃業しているはずの店内に、
突然シャッターの郵便口から悩み相談の手紙が落ちてきた。
時空を超えて過去から投函されたのか?
3人は戸惑いながらも当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書くが・・・。
 

次第に明らかになる雑貨店の秘密と、ある児童養護施設との関係。
悩める人々を救ってきた雑貨店は、最後に再び奇蹟を起こせるのか!?
  

KADOKAWA 734円(税込)
 


 
夢幻花


花を愛でながら余生を送っていた老人・秋山周治が殺された。
第一発見者の孫娘・梨乃は、
祖父の庭から消えた黄色い花の鉢植えが気になり、
ブログにアップするとともに、
この花が縁で知り合った大学院生・蒼太と真相解明に乗り出す。
 
一方、西荻窪署の刑事・早瀬も別の思いを胸に事件を追っていた…。
宿命を背負った者たちの人間ドラマが展開していく
“東野ミステリーの真骨頂”。
 

PHP研究所 842円(税込)
 


 
人魚の眠る家


娘の小学受験が終わったら離婚する。
そう約束した仮面夫婦の二人。
彼等に悲報が届いたのは、面接試験予行演習の直前だった。
 

娘がプールで溺れた。
病院に駆け付けた二人を待っていたのは残酷な現実。
そして医師からは、思いもよらない選択を迫られる。
過酷な運命に苦悩する母親。
その愛と狂気は成就するのか。
  

幻冬舎 1728円(税込)
 


 
パラレルワールド・ラブストーリー

親友の恋人を手に入れるために、俺はいったい何をしたのだろうか。
「本当の過去」を取り戻すため、「記憶」と「真実」のはざまを巡る敦賀崇史。
錯綜する世界の向こうに潜む闇、
一つの疑問がさらなる謎を生む。
精緻な伏戦、意思をつく展開、
ついに解き明かされる驚愕の真実とは!?傑作長編ミステリー。
 

講談社 810円(税込)