RECOMMENDおすすめ商品/文苑堂書店

店舗

カテゴリー

月別アーカイブ

ベストセレクション 【2019年の年間ベストセラーをご紹介】

文苑堂ベストセレクション
【2019年の年間ベストセレクションをご紹介】
 

 

 

 
『一切なりゆき 樹木希林のことば』

語り尽くした生と死、
演技、男と女。
 
それはユーモアと洞察に満ちた
樹木流生き方のエッセンスです。
 
樹木希林/著
文藝春秋 880円


『樹木希林120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ』

とにかく、世の中を面白がること。
老いだって、病気だって、自分の栄養になる。
 
孤独、成熟、家族、仕事…。
希林さんが教えてくれたあるがままの生き方。
 
樹木希林/著
宝島社 1,320円


『妻のトリセツ』

ひとこといえば10倍返し。
ついでに10年前のことまで蒸し返す。
そんな奥さんが怖い夫たちが、
家庭に平穏を取り戻すための一冊。
  
黒川伊保子/編著
講談社 880円


『日本国紀』

私たちは何者なのか―。
神話とともに誕生し、万世一系の天皇を中心に、
独自の発展を遂げてきた。
私たちの国・日本。
本書は、2000年以上にわたる国民の
歴史と激動にみちた国家の返還を
「一本の線」でつないだ
壮大なる叙事詩である!
当代一のストーリーテラーが、
平成最後の年に送り出す、日本通史の決定版!
 
百田尚樹/著
幻冬舎 1,980円


『そして、バトンは渡された』

血の繋がらない親の間をリレーされ、
四回も名字が変わった森宮優子、十七歳。
だが、彼女はいつも愛されていた。
身近な人が愛おしくなる、著者会心の感動作。
 
瀬尾まいこ/著
文藝春秋 1,760円

 

 

 

 

 

ベストセレクション【平野啓一郎さん特集】



文苑堂 ベストセレクション
【平野啓一郎さん特集】

『日蝕』で第120回芥川賞受賞した平野啓一郎さんをご紹介します。
11月から『マチネの終わりに』の映画が公開中です。
  

 

 

 
『マチネの終わりに』物語はクラシックギタリストの蒔野聡史と、海外の通信社に勤務する小峰洋子の出会いから始まります。

初めて出会った時から、強く惹かれ合っていた二人。
しかし、洋子には婚約者がいました。
やがて、蒔野と洋子の間にすれ違いが生じ、ついに二人の関係は途絶えてしまいます。
互いへの愛を断ち切れぬまま、別々の道を歩む二人の運命が再び交わる日はくるのか。
 
文藝春秋 935円


『ある男』
彼女の夫は「大祐」ではなかった。
夫であったはずの男は、まったく違う人物であった…。
愛にとって、過去とは何か?
人は他人の人生を生きることができるのか?
 
文藝春秋 1,760円


『透明な迷宮』
深夜のブタペストで監禁された初対面の男女。
見世物として「愛し合う」ことを強いられた彼らは、
その後、悲劇の記憶を「真の愛」で上書きしようと懸命に互いを求め合う。
その意外な顛末は。
  
新潮社 572円


『空白を満たしなさい 上』
ある夜、勤務先の会議室で目醒めた土屋徹生は、
帰宅後、妻から「あなたは三年前に死んだはず」と告げられる。
死因は「自殺」。
家族はそのため心に深い傷を負っていた。
しかし、息子が生まれ、仕事も順調だった当時、自殺する理由などない徹生は、殺されたのではと疑う。そして浮かび上がる犯人の記憶…
   

講談社 748円


『空白を満たしなさい 下』

全国で生き返る「復生者」たち。
その集会に参加した徹生は、自らの死についての衝撃的な真相を知る。
すべての謎が解き明かされ、ようやく家族に訪れた幸福。
しかし、彼にはやり残したことがあった…。
生と死の狭間で「自分とは何か?」という根源的な問いを追究し、「分人」という思想が結実する感動長編。
  

講談社 748円


『日蝕・一月物語』

錬金術の秘蹟、金色に輝く両性具有者、崩れゆく中世キリスト教世界を貫く異界の光…。
華麗な筆致と壮大な文学的探求で、芥川賞を当時最年少受賞した衝撃のデビュー作「日蝕」。
明治三十年の奈良十津川村。
蛇毒を逃れ、運命の女に魅入られた青年詩人の胡蝶の夢の如き一瞬を、典雅な文体で描く「一月物語」。
閉塞する現代文学を揺るがした二作品を収録し、平成の文学的事件を刻む。
 
新潮社 693円

ベストセレクション【川上未映子さん特集】

文苑堂ベストセレクション

【川上美映子さん特集】
2008年に「乳と卵」で芥川賞をした
川上美映子さんをご紹介します。
 

 

 
▼ 
 
 
『おめかしの引力』
「おめかし」をめぐる失敗や憧れにまつわる
魅力満載のエッセイ+今までのワードローブも写真で大公開!
さらに、「フィガロ」で連載されたエッセイに、
江南亜美子による「最新のおめかし」インタビューも追加収録。
単行本時より100ページ以上も増量した贅沢な1冊。
 
朝日新聞出版 726円
 


 
『夏物語』
大阪の下町に生まれ育ち、
東京で小説家として生きる38歳の夏子には
「自分の子どもに会いたい」という
願いが芽生えつつあった。
パートナーなしの出産の方法を探るうち、
精子提供で生まれ、本当の父を捜す逢沢潤と出会い、
心を寄せていく。
いっぽう彼の恋人である善百合子は、
出産は親たちの「身勝手な賭け」だと言い、
子どもを願うことの残酷さを夏子に対して問いかける。
 
文藝春秋 1,980円
 


 
『あこがれ』
おかっぱ頭のやんちゃ娘ヘガティーと、
絵が得意でやせっぽちの麦くん。
クラスの人気者ではないけれど、
悩みも寂しさも二人で分け合うとなぜか笑顔に変わる、
彼らは最強の友達コンビだ。
麦くんをくぎ付けにした、
大きな目に水色まぶたのサンドイッチ売場の女の人や、
へガティーが偶然知ったもうひとりのきょうだい…。
互いのあこがれを支えあい、
大人への扉をさがす物語の幕が開く。
 
新潮社 572円
 


 
『ステリアと三人の女たち』
真夜中、解体されゆく家へ入り込んだわたしに、
女たちの失われた時がやってくる。
三月の死、愛おしい生のきらめき、
ほんとうの名前、めぐりあう記憶。
人生のエピファニーを鮮やかに掬いあげる
著者の最高傑作。
 
新潮社 1,540円
 

ベストセレクション【今村夏子さん特集】


文苑堂ベストセレクション

【今村 夏子さん特集】

2019年第161回芥川賞を受賞した
今村夏子さんの作品をご紹介します
 


 


 


 

むらさきのスカートの女

近所に住む「むらさきのスカートの女」と呼ばれる女性のことが
気になって仕方のない“わたし”は、
彼女と「ともだち」になるために、
自分と同じ職場で彼女が働き出すよう誘導する。
 

KADOKAWA 1,512円
 


 
父と私の桜尾通り商店街


桜尾通り商店街のはずれでパン屋を営む父と、
娘の「私」。
うまく立ち回ることができず、
商店街の人びとからつまはじきにされていた二人だが、
「私」がコッペパンをサンドイッチにして
並べはじめたことで予想外の評判を呼んでしまい・・・。
平凡な日常は二転三転して驚きの結末へ―

見慣れた風景が変容する、書き下ろしを含む全六編。
 

KADOKAWA 1,512円
 


 
あひる


あひるを飼い始めてから子供がうちによく遊びにくるようになった。
あひるの名前はのりたまといって、
前に飼っていた人が付けたので、
名前の由来をわたしは知らない―。
わたしの生活に入り込んできたあひると子供たち。
だがあひるが病気になり病院へ運ばれると、
子供は姿を見せなくなる。
2週間後、帰ってきたあひるは以前よりも小さくなっていて…。

  
KADOKAWA 562円

  


  
星の子


大切な人が信じていることを、わたしは理解できるだろうか。
一緒に信じることができるだろうか…。
病弱なちひろを救うため両親はあらゆる治療を試みる。
やがて両親は「あやしい宗教」にのめり込んでいく。

  
朝日新聞出版 1,512円
 
 

ベストセレクション【大島真寿美さん特集】


ベストセレクション
【大島真寿美さん特集】


2019年 第161回直木賞発表になり
大島真寿美さんの『渦 妹背山婦女庭訓魂結び』に決定しました。
大島真寿美さんの作品を紹介します。
  
 

 

 



『渦  妹背山婦女庭訓魂結び (うず いもせやまおんなていきんたまむすび)

第161回直木賞作品
江戸時代に「本朝廿四孝」や「妹背山婦女庭訓」を生んだ
浄瑠璃作者・近松半二の生涯を描いた著者初の時代小説。
 

文藝春秋 1,998円
  


  
『モモコとうさぎ』

働くって、生きるってどういうことだろう―。
モモコ、22歳。
就活に失敗して、バイトもクビになって、
そのまま大学卒業。
もしかして私、世界中で
誰からも必要とされてない―!?
何をやってもうまくいかなかったり、
はみだしてしまったり。
寄るべない気持ちでたゆたうように生きる若者の、
云うに云われぬ憂鬱と活路。
はりつめた心とこわばった躾を解きほぐす、
アンチ・お仕事小説!
  

KADOKAWA 1,620円
  


  
『あなたの本当の人生は』

新人作家の國崎真実は、担当編集者・鏡味のすすめで、
敬愛するファンタジー作家・森和木ホリーに弟子入り――という名の
住み込みお手伝いとなる。
先生の風変わりな屋敷では、
秘書の字城圭子が日常を仕切っていた。
初対面でホリー先生は、真実のことを
自身の大ベストセラー小説『錦船』シリーズに出てくる
両性具有の黒猫〈チャール〉と呼ぶことを勝手に決め、
真実は戸惑うばかり。
  
文藝春秋 864円
  


  
『三月』

平穏で地味に見えても、それだけですむ人生なんてない。
同窓会の案内がきっかけで二十数年ぶりに
連絡を取り合った六人の女性。
犬と暮らす失業中の領子、
娘との関係に悩む明子、
元恋人の死に夫が関わっていたのではと歌ふぁう穂乃香…
深い感動が胸を打つ、終わりと始まりの物語。
   

ポプラ社 691円
   


   
『空に牡丹』

私のご先祖様・静助は、江戸から遠くない村で
大地主の次男坊として生まれた。
静助が幼少の頃、世が一変する明治維新を迎えたが
何不自由ない暮らしを送っていた。
ある日、静助は両国の隅田川で打ち上げ花火を見物し、
一目で心奪われる。
より鮮やかな花火を上げるため、
花火屋達は競い合っているという。
村に戻ってからも花火への情熱が消えない静助は、
潤沢な資金を元に職人を雇い、
花火作りに夢中になるが、富国強兵へ向かう時の流れが、
静助一族を飲み込んでいく―。
一族誰もが語り継ぐ、花火に生きたご先祖様に
思いを馳せるファミリーヒストリー。
   

小学館 788円