RECOMMENDおすすめ商品/文苑堂書店

店舗

カテゴリー

月別アーカイブ

ベストセレクション【川上未映子さん特集】

文苑堂ベストセレクション

【川上美映子さん特集】
2008年に「乳と卵」で芥川賞をした
川上美映子さんをご紹介します。
 

 

 
▼ 
 
 
『おめかしの引力』
「おめかし」をめぐる失敗や憧れにまつわる
魅力満載のエッセイ+今までのワードローブも写真で大公開!
さらに、「フィガロ」で連載されたエッセイに、
江南亜美子による「最新のおめかし」インタビューも追加収録。
単行本時より100ページ以上も増量した贅沢な1冊。
 
朝日新聞出版 726円
 


 
『夏物語』
大阪の下町に生まれ育ち、
東京で小説家として生きる38歳の夏子には
「自分の子どもに会いたい」という
願いが芽生えつつあった。
パートナーなしの出産の方法を探るうち、
精子提供で生まれ、本当の父を捜す逢沢潤と出会い、
心を寄せていく。
いっぽう彼の恋人である善百合子は、
出産は親たちの「身勝手な賭け」だと言い、
子どもを願うことの残酷さを夏子に対して問いかける。
 
文藝春秋 1,980円
 


 
『あこがれ』
おかっぱ頭のやんちゃ娘ヘガティーと、
絵が得意でやせっぽちの麦くん。
クラスの人気者ではないけれど、
悩みも寂しさも二人で分け合うとなぜか笑顔に変わる、
彼らは最強の友達コンビだ。
麦くんをくぎ付けにした、
大きな目に水色まぶたのサンドイッチ売場の女の人や、
へガティーが偶然知ったもうひとりのきょうだい…。
互いのあこがれを支えあい、
大人への扉をさがす物語の幕が開く。
 
新潮社 572円
 


 
『ステリアと三人の女たち』
真夜中、解体されゆく家へ入り込んだわたしに、
女たちの失われた時がやってくる。
三月の死、愛おしい生のきらめき、
ほんとうの名前、めぐりあう記憶。
人生のエピファニーを鮮やかに掬いあげる
著者の最高傑作。
 
新潮社 1,540円
 

ベストセレクション【今村夏子さん特集】


文苑堂ベストセレクション

【今村 夏子さん特集】

2019年第161回芥川賞を受賞した
今村夏子さんの作品をご紹介します
 


 


 


 

むらさきのスカートの女

近所に住む「むらさきのスカートの女」と呼ばれる女性のことが
気になって仕方のない“わたし”は、
彼女と「ともだち」になるために、
自分と同じ職場で彼女が働き出すよう誘導する。
 

KADOKAWA 1,512円
 


 
父と私の桜尾通り商店街


桜尾通り商店街のはずれでパン屋を営む父と、
娘の「私」。
うまく立ち回ることができず、
商店街の人びとからつまはじきにされていた二人だが、
「私」がコッペパンをサンドイッチにして
並べはじめたことで予想外の評判を呼んでしまい・・・。
平凡な日常は二転三転して驚きの結末へ―

見慣れた風景が変容する、書き下ろしを含む全六編。
 

KADOKAWA 1,512円
 


 
あひる


あひるを飼い始めてから子供がうちによく遊びにくるようになった。
あひるの名前はのりたまといって、
前に飼っていた人が付けたので、
名前の由来をわたしは知らない―。
わたしの生活に入り込んできたあひると子供たち。
だがあひるが病気になり病院へ運ばれると、
子供は姿を見せなくなる。
2週間後、帰ってきたあひるは以前よりも小さくなっていて…。

  
KADOKAWA 562円

  


  
星の子


大切な人が信じていることを、わたしは理解できるだろうか。
一緒に信じることができるだろうか…。
病弱なちひろを救うため両親はあらゆる治療を試みる。
やがて両親は「あやしい宗教」にのめり込んでいく。

  
朝日新聞出版 1,512円
 
 

ベストセレクション【大島真寿美さん特集】


ベストセレクション
【大島真寿美さん特集】


2019年 第161回直木賞発表になり
大島真寿美さんの『渦 妹背山婦女庭訓魂結び』に決定しました。
大島真寿美さんの作品を紹介します。
  
 

 

 



『渦  妹背山婦女庭訓魂結び (うず いもせやまおんなていきんたまむすび)

第161回直木賞作品
江戸時代に「本朝廿四孝」や「妹背山婦女庭訓」を生んだ
浄瑠璃作者・近松半二の生涯を描いた著者初の時代小説。
 

文藝春秋 1,998円
  


  
『モモコとうさぎ』

働くって、生きるってどういうことだろう―。
モモコ、22歳。
就活に失敗して、バイトもクビになって、
そのまま大学卒業。
もしかして私、世界中で
誰からも必要とされてない―!?
何をやってもうまくいかなかったり、
はみだしてしまったり。
寄るべない気持ちでたゆたうように生きる若者の、
云うに云われぬ憂鬱と活路。
はりつめた心とこわばった躾を解きほぐす、
アンチ・お仕事小説!
  

KADOKAWA 1,620円
  


  
『あなたの本当の人生は』

新人作家の國崎真実は、担当編集者・鏡味のすすめで、
敬愛するファンタジー作家・森和木ホリーに弟子入り――という名の
住み込みお手伝いとなる。
先生の風変わりな屋敷では、
秘書の字城圭子が日常を仕切っていた。
初対面でホリー先生は、真実のことを
自身の大ベストセラー小説『錦船』シリーズに出てくる
両性具有の黒猫〈チャール〉と呼ぶことを勝手に決め、
真実は戸惑うばかり。
  
文藝春秋 864円
  


  
『三月』

平穏で地味に見えても、それだけですむ人生なんてない。
同窓会の案内がきっかけで二十数年ぶりに
連絡を取り合った六人の女性。
犬と暮らす失業中の領子、
娘との関係に悩む明子、
元恋人の死に夫が関わっていたのではと歌ふぁう穂乃香…
深い感動が胸を打つ、終わりと始まりの物語。
   

ポプラ社 691円
   


   
『空に牡丹』

私のご先祖様・静助は、江戸から遠くない村で
大地主の次男坊として生まれた。
静助が幼少の頃、世が一変する明治維新を迎えたが
何不自由ない暮らしを送っていた。
ある日、静助は両国の隅田川で打ち上げ花火を見物し、
一目で心奪われる。
より鮮やかな花火を上げるため、
花火屋達は競い合っているという。
村に戻ってからも花火への情熱が消えない静助は、
潤沢な資金を元に職人を雇い、
花火作りに夢中になるが、富国強兵へ向かう時の流れが、
静助一族を飲み込んでいく―。
一族誰もが語り継ぐ、花火に生きたご先祖様に
思いを馳せるファミリーヒストリー。
   

小学館 788円
   


 

ベストセレクション【第161回 直木賞候補作】


文苑堂 ベストセレクション

 
2019年 第161回直木賞・芥川賞候補作が発表になりました。
今回は、直木賞候補作をご紹介します。

全員女性作家です。
 


 


 


 
 

平場の月

50歳になり、胃の内視鏡検査に行った男は、
病院で中学の同級生に再会する。
どちらも離婚を経て独り身。
それぞれに苦い経験も積み、
親の介護もある日常の中で、
遠慮がちに関係を深めていく。

冒頭で女性が亡くなることが明かされるのですが、
結末がわかっているからこそ、
二人の関係がよりやるせなく
胸にせまります。
ミドルエイジの心を揺さぶる新しい恋愛小説です!
 

朝倉かすみ/著
光文社 1,728円(税込)
  


渦 妹背山婦女庭訓魂結び (うず いもせやまおんなていきんたまむすび)


江戸時代に「本朝廿四孝」や
「妹背山婦女庭訓」を生んだ
浄瑠璃作者・近松半二の生涯を描いた著者初の時代小説。
 

大島 真寿美/著
文藝春秋 1,998円
 


  
トリニティ


どんな強欲と謗(そし)られようと、
三つとも手に入れたかった。

50年前、出版社で出会った
三人の女たちが半生をかけ、
何を代償にしても手に入れようとした
〈トリニティ=かけがえのない三つのもの〉とは?

かつてなく深くまで抉り出した、
現代日本を生き抜く女たちの欲望と祈り。
平成の掉尾を飾る傑作!
  

窪 美澄/著
新潮社 1,836円

  


  
落花

将門という男は、なぜかくも激しく不器用なのだ!
音楽に取り憑かれ、
「至福の声」を求め旅に出た仁和寺の僧・寛朝。
荒ぶる坂東の地で出会ったのは、
謀反人と謗られる人物だった。
  

澤田 瞳子/著
中央公論新社 1,836円
  


  
美しき愚かものたちのタブロー

すべては一枚の絵画(タブロー)から始まった。
あのモネが、ルノワールが、ゴッホが!!
国立西洋美術館の誕生に隠された奇跡の物語。
  

原田 マハ/著
文藝春秋 1,782円
   


   
マジカルグランマ


正子は75歳の元女優。
携帯電話のCMで再デビューを果たし、
順風満帆かと思いきや、
ある出来事をきっかけに事務所を解雇され、
急遽お金が必要な状況に。
周りを巻き込み、逆境を跳ね返す生き方は
マジカルグランマ(理想のおばあちゃん)像をぶち壊す!
  

柚木 麻子/著
朝日新聞出版 1,620円
  

ベストセレクション【重たい心が軽くなる!】


文苑堂ベストセレクション

 
今回は
『重たい心が軽くなる!』
そんな作品をご紹介します!


 

 

 
 
『心に折り合いをつけてうまいことやる習慣』

「幸せかどうかなんて、気にしなくてええんです。」
 
仕事が好きでなくても、
立派な目標がなくてもいい。
肩の荷を下ろすと、
本当の自分が見えてくる。
 
中村恒子/著
すばる会 1,404円(税込)
 


 
『一緒にいると楽しい人、疲れる人』


話がはずむ人、
気持ちのいい人、
友達になりたいって人ってどんな人?

「一緒にいて楽しい人」の話し方や行動の習慣、
考え方のエッセンスを紹介します。

有川真由美/著
PHP研究所 1,296円(税込)
 


 
『眠る前に1分間下さい。
 明日必ず「良いこと」が起こります。』

「なんだか泣きたい」
「人と比べて落ち込んでしまう」
「このままでいいのかな、と不安になる」
心配いりません。
 
たった1分でも、人生は変わるのです。
 
植西聴/著
ギノブックス 1,296円(税込)

 


 
『マンガでわかる
 自律神経を整える習慣・運動・メンタル』

血流をよくし、
体が健康になり、
心も安定する、
小林式・自律神経整えメソッド、大公開!!
 
簡単にできて、効果抜群!!
気軽に取り組んで、健康を取り戻そう!
 
小林弘幸/著
池田書店 1,080円(税込)
 


 
『人のために頑張りすぎて疲れた時に読む本』
 
「雑務をこなしているのに感謝されない!」
「評価されるのはいつも他の人!」
 
・・・察してもらえないイライラが
ふっと軽くなる一冊!
 

根本裕幸/著
大和書房 1,404円(税込)