1. トップ
  2. おすすめ商品
  3. ベストセレクション【2020年本屋大賞ノミネート作品】1

RECOMMENDおすすめ商品/文苑堂書店

店舗

カテゴリー

月別アーカイブ

ベストセレクション【2020年本屋大賞ノミネート作品】1


文苑堂 ベストセレクション

【2020年の本屋大賞ノミネート作品のうち、5作品を紹介します】

▽ 
 

 
▽ 
 
 

『線は、僕を描く』
水墨画という「線」の芸術が、
深い悲しみの中に生きる「僕」を救う。
やさしく温かく美しい物語。
 
砥上裕將/著
講談社 1,650円


『店長がバカすぎて』

谷原京子(契約社員、時給998円)
「マジ、辞めてやる!」
 
でも、でも・・・
本を愛する私たちの物語。
 
早見和馬/著
角川春樹事務所 1,650円


『夏物語』

大阪の下町に生まれ育ち、
東京で小説家として生きる38歳の夏子には
「自分の子どもに会いたい」という願いが芽生えつつあった。
パートナーなしの出産の方法を探るうち、
精子提供で生まれ、本当の父を捜す
逢沢潤と出会い、心を寄せていく。
  
川上未映子/著
文藝春秋 1,980円


『熱源』

故郷を奪われ、生き方を変えられた。
それでもアイヌがアイヌとして生きていくうちに、
やりとげなければいけないことがある。
 
北海道のさらに北に浮かぶ島、樺太(サハリン)。
人を拒むような極寒の地で、
時代に翻弄されながら、
それでも生きていくための「熱」を追い求める人々がいた。
 
川越宗一/著
文藝春秋 2,035円


『ノースライト』
一級建築士の青瀬は、信濃追分へ車を走らせていた。
望まれて設計した新築の家。
施主の一家も、新しい自宅を前に、
あんなに喜んでいたのに・・・。
Y邸は無人だった。

 

そこに越してきたはずの家族の姿はなく、
電話機以外に家具もない。
ただ一つ、浅間山を望むように置かれた
「タウトの椅子」を除けば…。
このY邸でいったい何が起きたのか?
 
横山秀夫 /著
新潮社 1,980円