RECOMMENDおすすめ商品/文苑堂書店

店舗

カテゴリー

月別アーカイブ

ベストセレクション【柚木 麻子さん特集】

  
ベストセレクション

【柚木 麻子さん特集】
 

女性の心理や女性同士の関係を濃やかに描いた作品で
定評のある柚木麻子さんの作品を紹介します。

 

 

 

 
 

『ナイルパーチの女子会』

商社で働く志村栄利子は愛読していた主婦ブロガーの
丸尾翔子と出会い意気投合。
だが、他人との距離感をうまくつかめない彼女をやがて翔子は拒否。
執着する栄利子は、悩みを相談した同僚の男と寝たことが
婚約者の派遣女子・高杉真織にばれ、
とんでもない約束をさせられてしまう。

一方、翔子も実家に問題を抱え。
友情とは何かを描いた問題作。

 

文藝春秋 810円(税込)
 


 
『本屋さんのダイアナ』

私の名は、大穴。
おかしな名前も、キャバクラ勤めの母が染めた金髪も、
はしばみ色の瞳も大嫌い。
けれど、小学三年生で出会った彩子が
そのすべてを褒めてくれた。
正反対の二人だったが、共通点は本が大好きなこと。

地元の公立と名門私立、
中学で離れても心はひとつと信じていたのに、
思いがけない別れ道が・・・。
少女から大人に変わる十余年を描く、
最強のガール・ミーツ・ガール小説。

 

新潮社 680円(税込)
 


 
『ねじまき片想い』
 

豊かな想像力を武器に老舗おもちゃ会社で
敏腕プランナーとして働く富田宝子。
彼女は取引先のデザイナー 西島に5年も片想いをしており、
気持ちを伝えられずにいる。
彼に次々と降りかかる災難を、
持ち前の機転とおもちゃを駆使し解決していくが、
西島は宝子の奮闘にまったく気がつかず?!
自分の心にねじを巻けるのは、自分だけ。
宝子が自分の心を開放したとき彼女を待つ未来は…。
 

東京創元社 713円(税込)
 


『デートクレンジング』
 
仕事、結婚、妊娠、出産……新しいステージに進むたび
私たちを引き裂こうとする何かに全力で抗い続けたい。
女の人生に賞味期限なんてない!
女を縛る呪いをぶちやぶれ!
自分らしく生きたいと願う全女性にエールを贈る書き下ろし。
 
「私にはもう時間がないの」
女を焦らせる見えない時計を壊してしまえたらいいのに。
喫茶店で働く佐知子には、
アイドルグループ「デートクレンジング」の
マネージャーをする実花という親友がいる。
有る事件がきっかけで10年間、
全てを捧げてきたグループが解散に追い込まれ、
実花は突然何科に追い立てられるように<婚活>を始める。
 
祥伝社 1,512円(税込)
 


 
伊藤くん A to E

美形でボンボンで博識だが、
自意識過剰で幼稚で無神経。
人生の決定的な局面から逃げ続ける喰えない男、伊藤誠二郎。
彼の周りには恋の話題が尽きない。
こんな男のどこがいいのか。
尽くす美女は粗末にされ、
フリーターはストーカーされ、
落ち目の脚本家は逆襲を受け…。
傷ついてもなんとか立ち上がる女性たちの姿が
共感を呼んだ、連作短編集。
 
幻冬舎 626円(税込)

 

ベストセレクション【荻原 規子さん特集】


文苑堂ベストセレクション

【荻原 規子さん特集】
  
  

日本を舞台としたファンタジーの書き手として
一世を風靡、アメリカでも翻訳出版されて話題になった作家さんです。
 

 

 

 

西の善き魔女 1

15歳になったフィリエルは、はじめての舞踏会の日、
燦然と輝くダイヤと青い石の首飾りを贈られ、
幼なじみの少年ルーンに、それがフィリエルの母の形見であると告げられる。
青い石は女王試金石と呼ばれ、
王国でもっとも大切な宝石であることが明かされていく。
それは自らの出生の秘密とつながっていたー。
人里離れた北の高地で育った少女の運命が、
大きく動きはじめる。
人気ファンタジー作家、荻原規子の新世界の幕が上がる!
 
角川書店 679円
 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 
RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴

宗田真響の視点で描く、大人気のRDG。
最終巻その後のストーリー!
冬休み明けの学園に戻った真響は久しぶりに会う
泉水子の変化に気がつき焦りを感じていた。
そんなある日、真響の許嫁をめぐみ宗田家によって
スケート教室が仕組まれるが、
予想外の凶事を起きてしまう。
 
KADOKAWA 648円
 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 
あまねく神竜住まう国
伊豆の土地神である竜と出会った頼朝は…?
荻原規子が頼朝の少年時代を描く異色のファンタジー。

 
徳間書店 702円
 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 
エチュード春一番 第1曲
あなたの本当の目的というのは、もう一度人間になること?
大学生になる春、美綾の家に迷い込んできたパピヨンが
「わしは八百万の神だ」と名乗る。
はじめてのひとり暮らし、
再会した旧友の過去の謎、
事故死した同級生の幽霊騒動、
ロッカーでの盗難事件。
波乱続きの新生活、美綾は「人間の感覚を勉強中」の
超現実主義の神様と噛み合わない会話をしながら自立していく。
 

講談社 778円
 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 
空色勾玉
輝の大御神の双子の御子と闇の氏族とが烈しく争う戦乱の世に、
闇の巫女姫と生まれながら、光を愛する少女狭也。
耀きの宮の神殿に縛められ、地底の女神の夢を見ていた、
”大蛇の剣”の主、稚羽矢との出会いが、狭也を不思議な運命へと導く…。
神々が地上を歩いていた古代の日本“豊葦原”を舞台に絢爛豪華に織り上げられた、
日本のファンタジー最大の話題作。
 
徳間書店 741円
 

ベストセレクション【宮藤官九郎さん特集】


ベストセレクション

【宮藤官九郎さん特集】
 

2019年の大河ドラマ「いだてん」の脚本を手掛ける宮藤官九郎。
エッセイや小説もたくさん出してます。

  

 


 


 

『 ん!? 』

週間文春連載単行本化第3弾。
「いだてん」の脚本を書きながらバンドや舞台で汗をかく。
思わず耳を疑う名&名セリフ88!
365日セリフと格闘する宮藤官九郎の
5年にわたる作品がエッセイに!

   
文藝春秋 1,404円
  
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『どうして人はキスをしたくなるんだろう?』


大人になって今更ひとに聞けないあれやこれや。
それだったら自分たちで考えちゃおう!と。

サブカル界のカリスマと人気脚本家が、気になる(くだらない!?)疑問を
徹底的に討論(雑談)した奇跡の一冊。

  
集英社 648円

  
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『俺だって子供だ!』


子供が苦手な宮藤官九郎が、結婚10年目にして子宝に恵まれた!
愛娘「かんぱ」は生まれたてなのに態度が部長クラス!

日夜飛び回っている宮藤パパも
否応なしに子育てを始めることに。
地井武男とポテトフライが大好きなかんぱの
3歳までの成長を観察した爆笑の子育て苦行エッセイ!
巻末にかんぱ(5歳)との[盗聴]対談を収録。

  
文藝春秋 853円

  

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『WASIMO』


ひよりちゃんのためにパパが作ってくれた
おばあちゃんそっくりのロボット、WASIMO。
でも本物のおばあちゃんとはちょっとちがうぞ…!?

『小学一年生』で連載され、大人気を博した作品がついに単行本になりました。
子どもから大人までが楽しめるおはなしです。

  
小学館 1,620円

  
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『木更津キャッツアイ』

海ほたるとアクアラインの街、木更津。
余命半年と医者から宣告されたぶっさんを中心に、
元高校野球部の仲間バンビ、アニ、マスター、うっちーの5人組が、
昼は野球とバンド、夜は謎の怪盗団“木更津キャッツアイ”を結成し、
騒動に巻き込まれながらも、友情や約束や絆や大切なものを確認していく。
宮藤官九郎、初のオリジナル連続ドラマにして、
数々ご褒美もいただいたランニングホームラン作。
解説では、あの、キャッツアイのメンバー5人が、大いに語っています。
  
角川書店 734円
   

ベストセレクション【2018年 年間ランキング】

2018年 年間ランキング1位から5位を紹介します!
 
 

1位

漫画 君たちはどう生きるか


旧制中学校に通う15歳の少年コペル君、
本名は本田潤一。
二年前に銀行の重役であったお父さんを亡くし、
今は郊外の小ぢんまりとした家に母親と
お手伝いさんと暮らしている。

コペル君はある時、
家によく遊びに来る母の弟である叔父さんから
一冊のノートを渡される。

そこには過去に、叔父さんや友人と話したり、
考えたりした、様々な出来事が記され、
それに対する叔父さんからのメッセージが綴られていた。
  

吉野源三郎/原作 羽賀翔一/漫画
マガジンハウス 1,404円(税込)
 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

2位
大家さんと僕

1階には大家のおばさん、2階にはトホホな芸人の僕。
挨拶は「ごきげんよう」
好きなタイプはマッカーサー元師(渋い!)
牛丼もハンバーガーも食べたことがなく
僕を俳優と勘違いしている。
一緒に旅行するほど仲良くなった大家さんとの
“二人暮らし”がずっと続けばいい、そう思っていた―。
泣き笑い、奇跡の実話漫画。

 
矢部太郎/著
新潮社 1,080円(税込)
  

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 
3位
ざんねんないきもの事典

地球上にはさまざまな種類の生き物がいますが、
その中には「どうしてそうなったの!?」と、
思わず突っ込みたくなる生き物も存在します。

進化の結果、なぜかちょっとざんねんな感じに
なってしまった生き物を紹介した一冊。

 
今泉忠明/監修 下間文恵/絵 徳永明子/絵 かわむらふゆみ/絵
高橋書店 972円(税込)
 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 
4位
モデルが秘密にしたがる 体感リセットダイエット

ぽっこり下腹、極太もも、でか尻だってたちまち解消!
3万人が生まれ変わり級のやせ効果を実感したすごいダイエット。

  
佐久間健一/著
サンマーク出版 1,080円(税込)
 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  
5位

医者が教える食事術最強の教科書

次から次へと現れるダイエット法や最新の食事法。
それらは、人体のメカニズムを無視した食べ方だったり、
根拠のない俗説、
自分が試して良かっただけの自己流健康法、
一部の効能を拡大解釈したものも少なくありません。

では、いったい何が正しい食べ方なのでしょうか?
20万人を超える臨床経験を持つ医学博士の著者が、
今の医学で正しいと言える「食の教養」をまとめた一冊。
 

牧田 善二/著
ダイヤモンド社 1,620円(税込)

ベストセレクション【森下典子さん特集】


ベストセレクション
【森下典子さん特集】

 
 
樹木希林さん・黒木華・多部未華子さんが主演の映画
「日日是好日」の原作者 森下典子さんの作品をご紹介します。
 
 

 

 

 
 

日日是好日 
「お茶」が教えてくれた15のしあわせ
お茶を習い始めて二十五年。
就職につまずき、いつも不安で自分の居場所を探し続けた日々。
失恋、父の死という悲しみのなかで、
気がつけば、そばに「お茶」があった。
  
がんじがらめの決まりごとの向こうに、
やがて見えてきた自由。
「ここにいるだけでよい」という心の安息。
雨が匂う、雨の一粒一粒が聴こえる…
 
季節を五感で味わう歓びとともに、
「いま、生きている!」
その感動を鮮やかに綴る。
 
新潮社 594円
 


こいしいたべもの
母手作りの、バターがとろける甘いホットケーキ。
父が大好きだった、少し焦げ目がついたビーフン。
 
遅い青春時代に食べた、夜明けのぺヤング…。
味の記憶をたどると、眠っていた思い出の扉が開き、
胸いっぱいになった事はありませんか?
 
優しい視点でユーモアたっぷり、
胸にホロリとくる22品の美味しいカラーイラストエッセイ。
 
文藝春秋 756円
 


いとしいたべもの
できたてオムライスにケチャップをかける鮮やかな一瞬、
あつあつの鯛焼きの香ばしい香り…一口食べた瞬間、
心の片隅に眠っていた懐かしい思い出が甦る―
だれもが覚えのある体験を、
ユーモアに満ちた視点と、心あたたまる絵でお届けする
23品のおいしいエッセイ集。
 
文藝春秋 778円
 


猫といっしょにいるだけで
五十代、独身、母と二人暮らし。
仕事のスランプで切羽詰まる日々だった。
訪れた神社で「しあわせをください」とつぶやいた翌日、
庭の白木蓮の切り株に、彼らは舞い降りた。
 
「猫は嫌いだし、生き物は飼わない」と決めていたが、
愛護協会や保健所も頼れない…。
 
やがて始まるにぎやかで、穏やかな日常。
笑って泣ける猫日和!
 
新潮社 637円