1. トップ
  2. お知らせ
  3. アーカイブ: 2018年10月

NEWSお知らせ/文苑堂書店

店舗

カテゴリー

月別アーカイブ

福田本店小杉店富山豊田店藤の木店 お知らせ

”アクアバンク ウォーターサーバー” モニター会開催!

文苑堂書店各店で ”ミネラル水素水が作れる アクアバンク ウォーターサーバー” のレンタルを始めました。

   
下記の日程で試飲・モニター会を開催します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 10月20日(土) 文苑堂書店藤の木店
 10月21日(日) 文苑堂書店福田本店
 10月27日(土) 文苑堂書店小杉店
 10月28日(日) 文苑堂書店富山豊田店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※時間はいずれも 第1回14時~ 第2回16時~
   
また当日、開催店舗でご成約の方に文苑堂商品券5,000円分を進呈いたします。(※お申込み完了後)
お気軽に水素水をお試しいただけます
   
皆様のご来店をお待ちしております!
   
詳しくはモニター会開催店舗にお問い合わせください。
富山豊田店 お知らせ

多目的室の料金改訂について

当店多目的室の貸出についてオープンから3年間まで特別料金として設定させていただきましたが、2019年1月1日より下記のとおり価格の改訂をさせていただきます。

■平日

9:00~12:00 3000円
13:00~17:00 3000円
18:00~21:30 3000円

■土日/祝日

9:00~12:00 5000円
13:00~17:00 5000円
18:00~21:30 5000円

何卒ご理解賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

富山豊田店 お知らせイベント情報

【富山豊田店】健康講座10/21(日)講演「ロコモ、知ってますか?」

将来寝たきりにならないために、今からできること。

講演「ロコモ、知ってますか?」参加費無料です。

10/21(日)13:30~14:30 2F多目的ルームにて


ロコモとは、ロコモティブシンドロームのこと。

ご存知でしたか?言葉はどこかで聞いたことがあるかもしれません。

メタボは有名ですが、「ロコモ」も実はとっても怖いんです。

———————————————–

お話は、西能病院の西能 健先生。
多くの症例を知る整形外科の医師が、あまり知られていないのに、実はとても深刻な「ロコモティブシンドローム」について、教えて下さいます❗

 

何に気を付ければいんでしょう?
いつから、どうすれば予防できるのでしょうか?

 

しっかり聞いて、今日からあなたもはじめませんか?

参加費無料です。どなたもお気軽にお越しくださいませ!

※この講座は、五省会さまのご協力により開催されています。

ロコモ、知ってますか?

ロコモ、知ってますか?

お問合せ・お申込みは、

文苑堂書店 0766-21-0333(代)または店内のチラシをご参照くださいませ。


健康応援教養講座を含む、文苑堂書店「健康長寿」の取り組みについては、

特設フェイスブックページ「健康マスターへの道」で随時情報発信中です!

こちらもぜひご覧ください。


文苑堂書店トップに戻る

富山豊田店 イベント情報

【トークイベント】-即身仏さんたちとの再会-

『新編 日本のミイラ仏をたずねて』の刊行に合わせて著者の土方正志さんと編集者である戸川安宣さんによるトークイベントを行います。

日時 2018年11月3日(土)14:00~
場所 文苑堂書店富山豊田店 2階多目的室
定員 30名様(先着順)入場無料

■講師: 土方 正志(ひじかた まさし)氏
(『新編 日本のミイラ仏をたずねて』著者)
有限会社荒蝦夷代表。作家、エッセイスト。
1962年、北海道ニセコ町生まれ。東北学院大学卒。フリーライター・編集者を経て2000年から2004年にかけて『別冊東北学』(東北芸術工科大学東北文化研究センター・作品社)の編集を担当。2005年、宮城県仙台市に荒蝦夷設立。著書に『新編 日本のミイラ仏をたずねて』(天夢人)ほか

■講師:戸川 安宣(とがわ やすのぶ)氏
(編集者)
1947年、長野県生まれ。立教大学文学部卒。
大学在学中に立教ミステリ・クラブを創立東京創元社で編集長、編集部長、社長、会長、特別顧問、相談役を歴任。2004年、日本の本格ミステリの発展に尽くした功績を評され、講談社の編集者宇山日出臣とともに第4回本格ミステリ大賞特別賞を受賞。

■著書紹介『新編 日本のミイラ仏をたずねて』土方 正志/著  天夢人/発行
(2018年7月)


過酷な断食を繰り返して痩せさらばえた行者が、自らの身を地面に沈め、「土中入定」を果たす。かつて、自らがミイラ化することで、衆生の救済をめざした僧侶たち、すなわち即身仏がいた――。
現在、全国で確認されている即身仏をほぼ網羅する全18体を訪ね歩いた、異色の紀行文。それぞれのミイラ仏にまつわる伝承に加え、即身仏を守り継ぐ人々、信仰する人々の声を丹念に取材した。1996年刊行の『日本のミイラ仏をたずねて』に、宗教学者・山折哲雄氏の「出羽三山即身仏考」を新たに収録。現代即身仏研究の定番書となる一冊。

皆さまのご参加お待ちしております。