1. トップ
  2. お知らせ
  3. 店舗: 富山豊田店

NEWSお知らせ/文苑堂書店

店舗

カテゴリー

月別アーカイブ

富山豊田店 イベント情報

7/27 ボンベイさん トークショー&サイン会

 
死なせない育児で話題のインスタグラマー
最重要ミッションは家族と笑顔で生きること

「家事なんて適当でいい!」出版記念
  
―――――――――――――――――――――
ボンベイさん
トークショー&サイン会
―――――――――――――――――――――
■日時 7/27(土)
*トークショー 14:30~
*サイン会   15:00~
■会場 文苑堂書店 富山豊田店  ドトール2階スペース
■参加費 無料
■定員 30名
  
  


   
▼ボンベイさん
5歳の長女と2歳の次女と三女の双子の子育てに奮闘する働くママ。
「死なせない」を最重要ミッションに掲げ、無理をしない、つらくない、
ママも幸せになる家事育児の方法をSNSで発信している。
その投稿が子育てに悩むお母さんたちの共感を呼び、
インスタグラムでは2ヶ月でフォロワーが4万人以上増加。
現在も精力的に子どもとの暮らしについて情報発信を続けている。
 インスタグラム @bonbei_twinslife
 ツイッター   @HUTACHAN_Twins

  


  
▼著作物

KADOKAWA
最重要ミッションは家族と笑顔で生きること
「家事なんて適当でいい!」 

知らなかったんです!
子どもを産んで育てることがこんなに大変だなんて…。
だから、毎日を見直して、今の自分に必要ない、当たり前を捨ててみました。

   


 

富山豊田店 お知らせイベント情報

7/4(木)84歳のプログラマー若宮正子さん 講演会+サイン会

84歳のプログラマー、世界を飛びまわる!

~人生100年時代、楽しく、創造的に~

84歳のプログラマー、世界を飛び回る!若宮正子さん講演会

84歳のプログラマー、世界を飛び回る!若宮正子さん講演会

 

▼若宮 正子(わかみや まさこ)さん

東京生まれ。高校を卒業後、銀行に就職。定年をきっかけに介護をしながら独自でパソコンを習得し、インターネットを使って世界を広げていきます。

2016年に独学でiPhoneアプリ「hinadan」を開発。翌年米国アップルによる生活開発者会議に特別招待され、その翌年にはNY国連本部で基調講演を行われています。

現在、安倍政権の看板政策「人生100年時代構想会議」の最年長有識者メンバーにも選ばれ、84歳の今も毎週のように全国での講演会、執筆活動、そして世界を飛び回っていらっしゃいます。

 

★最新の著書もぜひご覧ください!
「独学のススメ ~頑張らない!「定年後」の学び方10か条~ 」(若宮正子著、中公新書クラレ655)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆7月4日(木)14時~講演会、15時30分~サイン会
◆文苑堂書店富山豊田店 ドトール2Fスペース
◆参加費無料
◆定員30名さま

※現在、事前受付にて定員に達しているため、立ち見での観覧となります。
◆お問合せ先
文苑堂書店富山豊田店 076-433-8150 まで

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

富山豊田店 お知らせイベント情報

経営書の読書会 7・8月のお知らせ

学びて思わざれば則ち罔(くら)し、
思いて学ばざれば則ち殆(あやう)し   (孔子)
テキストを読んで、意見交換します。初参加の方、見学ご希望の方もお気軽にどうぞ

  • NEW!! 第14回 19/8/2 以下の新書2冊です。
    (1)「地銀波乱」日本経済新聞社編、日経プレミアシリーズ398
     

    (2)「地銀衰退の真実」浪川功著、PHPビジネス新書404
    (1)アパートローン暴走、行員の不正、無理な融資拡大、囁かれる経営不安――地方銀行の現場で何が起きているのか日経記者が明らかに。
    (2)不祥事続きの地銀と、業績好調の信金・信組。なぜ、差がついたか――「信用をお金に変える地域コミニティ形成」「自治体とタッグを組んで電子地域通貨」etc.“昭和型”日本企業の生き残る術が本書にある!(e-honおすすめコメントより)銀行業界をめぐるこの2冊がテキスト。どこへ行こうとしていたのか、彼らは何をしてきたのか。そして、これからの時代に求められる銀行業の姿や、私たちの見るべき視点とは。みなさまのご参加をお待ちしております。
  • 第13回 19/7/5「水力発電が日本を救う」竹村公太郎著、東洋経済
    日本のエネルギー問題は、世界でもまれな「地形」と「気象」と「既存ダム」で解決できる! 未来に希望が持てる、目からウロコの新経済論。「新規のダム建設は不要! 発電施設のないダムにも発電機を付けるなど、既存ダムを徹底活用せよ」持続可能な日本のための秘策。ベストセラー『日本史の謎は「地形」で解ける』の著者、待望の書き下ろし。(e-honおすすめコメントより)
    今の日本で再生エネルギー問題を避けて通ることはできません。これまでダム・河川行政に携わった著者の提言に耳を傾けようではありませんか。

お問合せ、参加(見学)申し込みはお気軽に  経営書の読書会 担当 まで。


文苑堂書店主催「経営書の読書会」。スキルアップに、経営のヒントにお役だてください。

文苑堂書店主催「経営書の読書会」。スキルアップに、経営のヒントにお役だてください。

ファシリテーターに経営コンサルタントを迎えた読書会を開催しています。

自分磨きに使うもよし、会話のネタや読書記録に使うもよし。

見学も受け付けますので、どなたも、ふるってご参加ください。


・毎月第一金曜日、18時~19時半頃まで、参加費500円で1ドリンク付き。

・富山豊田店2F多目的ルーム ※17時より開場しています。自習にお使いください。

・テキストはご自身で準備の上、読んで参加してください。

・ホームページ、facebookページあります。最新情報はこちらでもご確認いただけます。参加申し込みもできます!
「経営書の読書会」 https://peraichi.com/landing_pages/view/readingclub
「文苑堂の読書会」 https://www.facebook.com/bunendo.bookclub.B/


  • 第12回 19/6/7「逆転発想の人材・組織改革術」駒村純一著、扶桑社
    NHK「クローズアップ現代+」「経済フロントライン」で話題。
    人生100年時代」「ミドル転職」の光明になる人材活用・組織改革術がここにある!
    駒村純一氏は52歳で大手商社から創業110年の森下仁丹に転職し、そこからわずか3年で赤字30億円V字回復させる。「オッサン」を活用する逆転の発想で、「勝てる組織」を作った社長の逆転発想を学ぶ。
  • 過去のテキストをまとめてリーフレットを作りました。
    次回で12回目を迎える「経営書の読書会」。これまで読んできた様々な経営書をリーフレットにまとめました。
    A6サイズと小さいですが、本の表紙と紹介文、推薦コメントを掲載しました。1年分、12回まで取り上げてきた本はいずれも、読書会のファシリテーターが推薦したものばかり。その意味では、「迷ったらこれを読め!」的ガイド本なのではないかと思います。
    確かに、入門書としてはヘビーなものもありますが、そこを超えると何かしら新しい世界が開けてくる。そんな本ばかりです。
    富山豊田店、新湊店に配置しておりますので、ぜひご自由にお手に取ってお確かめください。
    (※書籍が店頭や在庫にもなく、お取り寄せ対応になることもございます。あらかじめご了承くださいませ)

お問い合わせは

富山豊田店 076-433-8150  または 本社事務部 0766-21-0333(代) 経営書の読書会 担当 まで


TOPに戻る

富山豊田店 お知らせイベント情報

5/31(金)「本でつながる」ブクブク交換ふたたび!

あなたの”推し本”、教えてください!

ブクブク交換とは、本を介して人とつながるコミュニケーション型のブックトークイベントです。
お気に入りの本や、おすすめしたい本をテーマに沿って選び、紹介し、気になった本と交換します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆5月31日(金)19時~
◆富山豊田店2F多目的ルーム
◆交換可能なおすすめ本1冊以上

◆テーマ 私を励ましてくれる本/作家 (テーマ以外でも大丈夫です)

ブクブク交換ふたたび!

<本と名刺の交換会>ブクブク交換ふたたび!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回は、テーマを設けずに好きな本、おススメしたい本をご用意いただきました。

今回は、テーマを設けてみました。「おすすめしたい本」をジャンル問わずご紹介ください!
あなたの熱いプレゼン待ってます!
~~~~~~~~~~~~~~~
<進め方>
1)「どれを紹介しようかな?」まずは本を選びましょう。
大好きな作家、夢中になって読んだ本、私を語ってくれる本。
交換した人が笑顔になるような、珠玉の一冊。
選ぶのも楽しみの一つです。

2)「これはおすすめ!」熱く紹介してください。
本の特長や感銘した箇所など、お薦めする理由を熱く語ってください!
時間制限は、参加人数次第!
ご自分の紹介もぜひご一緒に。

3)「あれ欲しいな!」交換しましょう。
自分一人では絶対に選ばないような出会いが待ってくるかも。
本を手に取ると、それを紹介してくれた人の表情が思い浮かび、いつもの何倍も楽しくなりますよ!

4)「はじめまして(*^^*)」さあ、交流しましょう。
当日会場に、交換する本をお持ちください!
お持ちいただいた本の数だけ交換可能です。
さあ、どんな本と出会えるでしょうか。
自分の本はどなたの元に行くのでしょうか。
ぜひ名刺とともに交流を深めてくださいね!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

▽お問合せ、お申し込みは、

文苑堂書店本社事務部 0766-21-0333(代)
もしくは 富山豊田店 076-433-8150 まで

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

トップに戻る / ページのトップに戻る

 

新湊店富山豊田店 お知らせイベント情報

経営書の読書会 「6月のお知らせ」と「1年のまとめ」

学びて思わざれば則ち罔(くら)し、
思いて学ばざれば則ち殆(あやう)し   (孔子)

  • NEW!! 第12回 6/7「逆転発想の人材・組織改革術」駒村純一著、扶桑社
    NHK「クローズアップ現代+」「経済フロントライン」で話題。
    人生100年時代」「ミドル転職」の光明になる人材活用・組織改革術がここにある!
    駒村純一氏は52歳で大手商社から創業110年の森下仁丹に転職し、そこからわずか3年で赤字30億円V字回復させる。「オッサン」を活用する逆転の発想で、「勝てる組織」を作った社長の逆転発想を学ぶ。皆様のご参加をお待ちしております。
    初参加の方、見学ご希望の方もお気軽にご連絡ください。
  • NEW!!過去のテキストをまとめてリーフレットを作りました。
    次回で12回目を迎える「経営書の読書会」。これまで読んできた様々な経営書をリーフレットにまとめました。
    A6サイズと小さいですが、本の表紙と紹介文、推薦コメントを掲載しました。1年分、12回まで取り上げてきた本はいずれも、読書会のファシリテーターが推薦したものばかり。
    その意味では、「迷ったらこれを読め!」的ガイド本なのではないかと思います。確かに、入門書としてはヘビーなものもありますが、そこを超えると何かしら新しい世界が開けてくる。そんな本ばかりです。

    富山豊田店、新湊店に配置しておりますので、ぜひご自由にお手に取ってお確かめください。

お問合せ、参加(見学)申し込みはお気軽に  経営書の読書会 担当 まで。


文苑堂書店主催「経営書の読書会」。スキルアップに、経営のヒントにお役だてください。

文苑堂書店主催「経営書の読書会」。スキルアップに、経営のヒントにお役だてください。

ファシリテーターに経営コンサルタントを迎えた読書会を開催しています。

自分磨きに使うもよし、会話のネタや読書記録に使うもよし。

見学も受け付けますので、どなたも、ふるってご参加ください。


・毎月第一金曜日、18時~19時半頃まで、参加費500円で1ドリンク付き。

・富山豊田店2F多目的ルーム ※17時より開場しています。自習にお使いください。

・テキストはご自身で準備の上、読んで参加してください。

・ホームページ、facebookページあります。最新情報はこちらでもご確認いただけます。参加申し込みもできます!
「経営書の読書会」 https://peraichi.com/landing_pages/view/readingclub
「文苑堂の読書会」 https://www.facebook.com/bunendo.bookclub.B/


  • 第11回 5/3祝「東京大田区・弁当屋のすごい経営」菅原勇一郎著、扶桑社
    税込450円の日替わり弁当を、昼12時までに、一日最大7万食配達する。原価率53%、廃棄率0.1%。スタンフォード大学MBAの教材にもなった弁当屋「玉子屋」の社長が語る彼らの取組みとは・・・。(以下、e-honサイトの紹介文より)
    中小企業の課題ともいえる「スムーズな事業承継」、「1商品だけで8年で業績3倍増」をどのように成し遂げたのか。
    人材不足が言われるなか、なぜお弁当の「玉子屋」には「元気のいい、生き生きと働くスタッフ」が集まるのか―。
    中小企業だからできる「面白経営」の神髄。
  • 第10回 4/1「ストア・コンパリゾン 店舗見学のコツ【新訂版】」渥美俊一・桜井多恵子著、実務教育出版
    チェーンストアの実務原則・シリーズの一冊の新訂版。「勝つためには、敵を知ること。適切な、”店舗比較”こそ競争への武器だ。チェーン経営を支える他店舗見学のノウハウと初めて体系化。」(紹介文より)したものである。
    ストア・コンパリゾンとは、直訳すれば「店舗見学」のこと。何をどこを見ればいいのか、つまり「若干の予備知識」をこの本で手に入れて、1ランク上の「店舗見学・店舗比較」を取り入れてみませんか。
  • 第9回 3/1「世界で最もイノベ―ティブな組織の作り方」山口周著、光文社新書665
    ファシリテーター推薦書。「日本人はイノベーションに不向き」の誤解を解く。
    イノベーションを生み出すための組織とリーダーシップのあり方とは?
    組織開発を専門とするヘイグループに所属する著者が、豊富な事例やデータをまじえながら、柔らかな文体で解き明かす!(第2刷帯より)「イノベーションはビジネスの世界に咲く大輪の花のようなもの」であり、花が健全に育つ環境整備が必要と説く。企業でいえば・・・?自らのありようを含め、イノベーションの意味を問いかける一冊。
  • 第8回 2/1「外資系コンサルの知的生産の技術」山口周著、光文社新書733
    ファシリテーター推薦書。おおよそ2000人ほどのビジネスパーソンに対して「知的生産の技術」を指導してきた著者による秀逸な書。その経験から、「どんなピカピカの学歴を持った頭脳優秀な人材でも「動き方」を知らないと全く知的成果を生み出すことができない(本文より抜粋)」と語る。こういった人たちに必要なこととは・・・・?
    人材育成、キャリアやスキル、自らの「知」の磨き方を探る人に。
  • 第7回 1/11「すごい物流戦略」角井亮一著、PHPビジネス新書
    この数年、物流を担う会社の話題には事欠かない。ネット通販、深刻なドライバー不足、輸送コストは上昇が続き、業界大手が苦戦しているニュースも耳に新しい。そんな物流“危機”が叫ばれている中で、独自の「物流戦略」をもとに圧倒的な競争力を生み出している企業もある。物流の最新事情に精通する著者による事例。
    きっとあなたの会社の「物流」にも役立つヒントが満載のはずです!
  • 第6回 12/7「ファイナンス思考」朝倉祐介著、ダイヤモンド社
    著者は「日本にAmazonが生まれない理由」に、目先の売上・利益にとらわれる「PL脳」にある、とし、「ファイナンス思考」へのパラダイムシフトが必要と説く。これまでの成功体験にとらわれることなく、これからの時代を生き抜くための戦略立案の「考え方」を、豊富な事例とともに紐解く。
  • 第5回 11/2「the four GAFA」スコット・ギャロウェイ著、東洋経済
    今や聞かない日がない「Google」「Apple」「Facebook」「Amazon」。彼ら4強が支配するインターネットの世界は、今や生活になくてはならないものになりつつあります。どのように世界が変わってきたのか、そしてこの次にやってくるものとは。
  • 第4回 10/5「マーケティングとは「組織革命」である」森岡毅著
    森岡氏の「マーケティング」論。組織を変革することで何が変わり、どう進むのか。そして仕掛人がいなくても自律的に、持続していく方法を余すところなく展開する。必ず経営のヒントが見つかります。
  • 第3回 9/7「USJを劇的に変えた たった1つの考え方」森岡毅著
    映画のからエンターテインメントへ。コンセプトの大転換を遂げたUSJは、どのように変化し、奇跡的ともいえるV字回復を遂げたのか。仕掛人の森岡氏は、その時何を考え、どう動いたか。どこがボトルネックなのかをしっかり考えることのできる、実践的マーケティング論。
  • 第2回 8/3「HIGH OUTPUT MANAGEMENT」アンドリュー・S・グローブ著
    伝説の名著の復刊です。難しいと敬遠しがちですが、読み込めばまさに「ザ・経営書 of 経営書」。
    名著と言われ読み継がれている意味がよくわかります。
  • 第1回 7/6「生きている会社、死んでいる会社」遠藤功著
    どれを読めばいいか迷う時は、まずはこれをおすすめします。
    どういう会社で働きたいか、ビジネスの方向は、チーム運営は、自分はどうありたいのか。
    何かしらヒントが見つかる気がします。

お問い合わせは

富山豊田店 076-433-8150  または 本社事務部 0766-21-0333(代) 経営書の読書会 担当 まで


TOPに戻る